無料ブログはココログ

2018年5月 8日 (火)

硫黄岳~横岳  (2018/04/29~30)

 GWは混んでいるのでどこの山にも行くつもりはなかったが八ヶ岳なら空いているかも、ということで私の歩いていない横岳~地蔵の頭を歩く事にした。赤岳山荘に車を停め赤岳鉱泉へ。ここから赤岩の頭まではグズグズの雪で歩きにくかった。赤岩の頭から硫黄岳、小屋までは雪無し。

P4292723

P4292725

 硫黄岳山荘は開いたばかりでまだ雑然としていたがふとんもトイレも綺麗で快適だった。

P4292747

 二日目は朝食を食べてから出発。二日ともお天気に恵まれ最高の景色の中歩く事が出来た。

P4302786

P4302804

P4302807














御正体山  (2018/04/17)

 行きたくてもなかなか機会の無かった御正体山、ツアーで縦走を見つけ参加することにした。天気予報は下り坂。お昼頃まではもつかな、と思っていたら登山口に着く前からポツポツ降り出し最初から雨具を着て歩く事となった。道坂トンネルから少し登り稜線に出る。

Img_0069

 いきなりエンレイソウに出会えこの先も楽しみになったが雨に降られ続け写真を撮ること出来ず。すみれやクロモジの花などかわいかったのに。

Img_0071

 一つ目のピーク岩下ノ丸には珍しい四等三角点があった。

Img_0076

 二つ目のピーク牧ノ沢山を越え白井平分岐から急登を登れば御正体山の山頂。

Img_0078

 ここから前ノ岳、中ノ岳と越え石割山分岐から山伏峠へ下山。雨に降られ続け写真を撮る気力無し。下山後は日帰りには珍しくお風呂付で藤野やまなみ温泉へ。










2018年4月14日 (土)

奈良倉山  (2018/04/09)

 今回も秀麗富嶽十二景の奈良倉山へ。車なので縦走出来ずピストンのハイキングとなった。

 松姫峠に車を停め歩きだす。気持ちの良い道である。

P4092196

P4092204

 山頂から今回も富士山見えず。

P4092215

P4092213

 下りは平行してある道を歩いた。

P4092217

 行きは大月からだったが帰りは奥多摩をまわって帰ることにした。ラッキーなことに奥多摩はまだ桜がピークで山もほんのりピンクで美しかった。

P4092247
















 

霞沢岳西尾根  (2018/03/27~28)

 残雪の穂高の景色が見たくて霞沢岳西尾根を登ることにした。朝一番のあずさで松本へ、ガイドさんと合流し釜トンネル入り口へ向かう。トンネルは通行止めだが工事車両が時おり通り排気ガスと埃が舞いマスクを持って来ればよかったと後悔。

 トンネルを抜けるとすぐに取り付きになる。

Dscn7772

 取り付きからテント場までかなりの急登である。今年は雪が溶けている所が多く笹薮をかき分けながらの登りとなった。

Dscn7774

 この日はとても暖かくテントの中も寒さを感じず初めてのテント泊には最高の気温だった。夕飯はガイドさんお手製の丼。朝ご飯はパンがいいという私の希望を聞いてくれてトーストにハムとスープという贅沢なものだった。

Img_9131

 4時半頃出発。テントにシュラフやマットを置いて行くのでザックが軽く快適。この日も暖かく快晴。景色の美しさにたびたび足が止まってしまう。

Dscn7798

 西尾根はかなり急で山頂近くは岩場とリッジ。そこを超えなだらかな雪稜を進むと山頂に着く。

Dscn7804

Dscn7807

 山頂からは360℃すばらしい景色が見える。お天気に恵まれ最高のテント泊だった。

Img_9142

Dscn7829






















2018年4月11日 (水)

笹子雁ヶ腹摺山  (2018/03/17)

 以前笹子峠から京戸山~達沢山へ歩いたことがありその時登山口が一緒だった笹子雁ヶ腹摺山は秀麗富嶽十二景ということで今回はそこに登りに行くことにした。笹子峠の駐車場に車を停めたかったが手前でゲートが閉まっており矢立の杉の駐車場まで戻りそこから歩く事になった。

 舗装路を笹子峠まで30分くらい登り登山口から急坂を上がる。

P3172015

P3172028

 行は稜線の軽いアップダウンを繰り返し山頂を目指す。朝方冷え込んだせいか木々は霧氷だらけで気温が上がってくると雨のように氷が降ってきた。

P3172045

 山頂まではあっという間。だが、雲が多く富士山見えず。今まで10以上秀麗富嶽を登っているが富士山見えなかったのは初めて。

P3172048

 帰りは巻道を通り下山。

P3172055

 笹子峠からは舗装路ではなく沢沿いを矢立の杉まで下り大きな杉を見て杉良太郎の歌を聞いて帰った。

P3172070

P3172075







 










2018年3月26日 (月)

摩利支天大滝 阿弥陀岳北西菱 (2018/03/10~11)


 去年から楽しみにしていた上高地の中千丈沢アイスクライミングの予定だったが数日前の降雪で雪崩の危険ありとの事で場所替えになった。せっかくなので今シーズン最後のアイスで摩利支天大滝と阿弥陀岳北西陵に決めた。

 J&Nで朝起きたらびっくり、雪が5㎝くらい積もっていて冬景色になっていた。

Img_9006_2

赤岳山荘の駐車場から南沢を登る。摩利支天大滝は左側から水が流れ落ちガイドさんが一番右側にルートを作ってくれた。

Img_9010

Dscn7221

 今回は氷の状況が悪くこのルート以外厳しそうだったので後続の人にルートを譲り滝の裏側を登ることになった。つるつるの垂直でひっかかりが無く後ろの氷を使って!というガイドさんの指導の元頑張る。

Dscn7267

Dscn7268

 二日目は阿弥陀岳北西陵。暗い中樹林を上がるが降雪のせいか踏み跡が無く踏み抜きが続くと疲れるからという事で四足ハイハイで樹林帯をぬける。その後は急な雪稜をひたすら登り北西陵の岩壁取り付きへ。

Dscn7320

Dscn7322

 ここから4ピッチ、4本目の最初と最後の岩が泣きたくなるくらい苦労した。最後の岩を乗り越ししばらく行くと稜線歩きになり御小屋尾根に合流し阿弥陀岳の山頂へ。今までで一番大変だったけれど私には行けないと思っていたので登れてよかった。

Dscn7343

Dscn7346_2

Dscn7374

Dscn7393






 














九鬼山  (2018/02/28)

 今回の秀麗富嶽十二景の九鬼山は姉夫婦と四人で登ることになった。道の駅つるに車を停め杉山新道から登り池ノ山コースを田野倉駅方向に下山し道の駅に戻った。

Img_8970

Img_8973

Img_8978







2018年3月12日 (月)

稲子岳  (2018/02/23~24)

 稲子岳からにゅうに行くガイドツアーがあったので参加してみた。八ヶ岳でもこちら側はあまり行ったことが無くこのコースも地図には無いルートなので楽しみだった。

 一日目みどり池入り口の駐車場からしらびそ小屋に向かう。みどり池は凍っていてその上をワカンを付けて歩く練習。小屋から東天狗が見えた。

Img_8913

Img_8905

 しらびそ小屋はお願いすると朝食に厚切りトーストが食べられることで知られている。知り合いのガイドさんだったので頼んでいた甲斐あり待望の朝食を食べられた。

Img_8930

 しらびそ小屋は動物が窓のすぐ近くにやって来ることでも有名。たくさんの鳥やかわいいリスを見ながらの朝食は他では味わえないものだ。

Img_8940

Img_8942

 この日は風が強く稲子岳までしか行けなかったが楽しめた二日間だった。

Img_8944
















美ヶ原  (2018/02/15~16)

 たまにはゆっくり雪山を、ということで予約の空いていた日を見つけ美ヶ原の王ヶ頭ホテルへ。前回来た時より雪が少なかったが天気が崩れる前に美しの塔までスノーシューを楽しんだ。

P2151751

P2151772

 二日目の朝は晴れるというので早起きして日の出を待つ。最高のご来光と360度の絶景を楽しんだ。

P2161833

P2161849

 薄い窓ガラスに着いた氷の結晶。早朝だけのお楽しみ。

P2161809















2018年2月21日 (水)

志賀坂諏訪山  (2018/02/14)

 久しぶりにアルパインツアーの西上州の山に参加した。軽アイゼンを持ってくるようにと言われていたが日向の一部を除いてかなり雪があり下山まで付けて歩く事になった。志賀坂峠の登山口から尾根コースを進むと開けた所で二子山が現われた。

Img_8828

Img_8839

 谷コースと合流の後長い長い階段を登りトラバースして行くと日当たりの良い山頂に着いた。

Img_8845

Img_8865

 山頂からは両神山の険しい稜線を見ることが出来る。

Img_8849

 下山は九十ノ滝コースを降りアイスクライミングに来る人がいるという凍った滝を見学。

Img_8886
















«赤城山 長七郎山~地蔵岳  (2018/02/05)