無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

パタゴニア 7

パタゴニア  7

パタゴニア  7
9日目。フィッツロイ山群での3日間のトレッキング開始。村から見た朝日に輝く山々。テント泊でもっと近づくと思うと楽しみでたまらない。天気予報からツアーリーダーが予定とは逆周りのコースを提案。トーレ湖奥の展望地を往復。その後セロ・トーレBCへ。
夕食後嘘のように雲がはれセロ・トーレの美しい姿を見ることが出来た。ラッキー

パタゴニア 6

パタゴニア  6

パタゴニア  6
8日目。世界遺産ロス・グラシアレス国立公園のペリト・モレノ氷河へ。
氷河湖ボート・クルーズで迫力ある氷河に間近に迫る。私の氷河の印象 はモレーンが積もりグレーで両脇に山のようなモレーンがある。でもここは綺麗!高さも凄い!氷河の認識が覆る。ただ残念なことにこの時だけ雨に降られた。お天気だったら空の青と氷河の白で写真が綺麗に撮れたのに。板張りの遊歩道での散策も感動!
その後ビエドマ湖に沿って走りフィッツロイ山群の拠点の村、チャルテンへ。

パタゴニア 5

パタゴニア  5

パタゴニア  5
7日目。チリからアルゼンチンへ。
国境で出入国手続き。その後ファームレストランでアルゼンチン料理の代表アサードを。ちょっとグロテスクだけどちゃんとカットされて出てくるから大丈夫。この旅行中で一番美味しかった。
その後羊の毛刈りなど見学。広大な原野を走りアルヘンティーノ湖畔の保養地カラファテへ。可愛いヨーロッパみたいな街。

パタゴニア 4

パタゴニア  4

パタゴニア  4
6日目。チリでのトレッキング最終日。
トレッキングのハイライトである「パイネの岩塔群」トーレス・デル・パイネ展望地を往復。氷河湖越しに三本の塔が綺麗に見えた。なかなか三本見えることは少ないらしい。感動!どんなに写真で見ていてもこの空気感と迫力は言葉を失うほど。ガイドのイザベラと記念写真。
往路をチレノ小屋へ。
さらに下りラス・トーレス小屋へ。

パタゴニア 3

パタゴニア  3

パタゴニア  3
ノルデンスキョルト湖を右手にアップダウンのあるトレイルをインへ湖へ。アセンシオ川沿いを緩やかに登りチレノ小屋へ。
パタゴニアは短い夏の観光シーズン中なのでロッジはもちろん満室。テント場はカラフルなテントであふれロッジの敷地内もテントでいっぱい。

パタゴニア 2

パタゴニア  2

パタゴニア  2
4日目。今日からパイネ山群での3日間ねトレッキング開始。
「パイネの角」クエルノ・デル・パイネを正面にイタリアーノ・キャンプへ。ここからフランセス谷方面に入り氷雪の峰パイネ・グランデとフランセス氷河を間近に仰ぐ展望地を往復。残念ながら雲がかかり全容はクリアに見えなかったが氷河の崩落や亀裂の入る音などパタゴニアに来た事を実感!
2年前にトレッカーの火の始末のせいで広大な面積が燃えてしまとたそう。微生物がいない土地なので燃えた木はそのまま残るらしい。30年たっても再生はむつかしいとのこと。歩いても歩いても焼けた木が目に付くのは悲しい。
その後クエルノ小屋へ。

2013年2月27日 (水)

パタゴニア 1

パタゴニア  1
2/8から15日間パタゴニアスーパートレッキングの旅へ。成田〜アトランタ12時間、待ち8時間、アトランタ〜サンチャゴ10時間、待ち5時間、サンチャゴ〜プエルトモン経由プンタアレーナス4時間。恐ろしい。約2日横になってない。あんまり長く移動してると時差ぼけも無い。
3日目プンタアレーナスから車で6時間、船で30分やっとトレッキングの出発地パイネ国立公園のパイネ・グランデ小屋へ。
途中ペオエ湖からパイネの角と言われるクエルノ・デル・パイネが。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »