無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月24日 (金)

大朝日岳  (2015/06/28~30)

夏の山旅に備え長時間歩く事に慣れようとなるべく長いコースのツアーを探していたらこの朝日連峰最高峰大朝日岳にたどり着いた。東北の山なので往復に時間がかかり日帰りなのに三日間の山旅となった。初日はバスで東北道、山形道をひたすら走り夕方登山道入り口の宿古寺鉱泉朝陽館へ。とても古い建物だが部屋も布団もきれい。食事は山で採れた数々の山菜と川で採れた鮎、山形のだし、美味しかった。

 

 

P1040180

 

 

P1040183

 

 

前日からの雨が上がった5時に宿を出発し登山開始。樹林帯の中をゆっくり登って行き一服清水で一休憩。このルートにはここと大朝日小屋の手前の銀玉水の二か所に湧水があり美味しい水を補給出来るので助かる。

 

 

P1040192

 

 

P1040198

 

 

ハナヌキ峰分岐を過ぎ古寺山を越えるときれいな稜線に出る。小朝日岳を超え鞍部に出るとこの季節ならではのヒメサユリが登山道に現れた。

 

 

P1040218

 

 

P1040242

 

 

P1040270

 

 

銀玉水から雪渓を登ると大朝日小屋と山頂が見えてくる。

 

 

P1040255

 

 

この辺りから山頂にかけてはウスユキソウもたくさん咲いていた。

 

 

P1040250

 

 

山頂から見る朝日連峰は広大で穏やかで縦走すれば良かったと少し悔いが残った。同じ道を下山し朝陽館にもう一泊し次の日東京へ。遠い、遠すぎるからやっぱり次回は縦走だな。

 

 

P1040267

2015年7月13日 (月)

鳳凰三山 (2015/06/22~23)

友人と甲斐駒ケ岳黒戸尾根に行く予定だったが下山後の北沢峠からのバスが運行前ということで急きょ鳳凰三山に計画を変更した。前日の夜韮崎のホテルに泊まり早朝タクシーで登山口の青木鉱泉へ。今回は中道を登る。

 

 

P1040056_3

 

 

シーズン前の平日ということもあり登り始めてから4時間程誰にも会わない。登山道に変化が無く道標も無いため自分がどこを歩いているのか不安だった。やっとすれ違った人に御座石までの時間を聞きほぼコースタイムであることに安心した。

 

 

P1040070_2

 

 

ここから少し急になるが登りきると海岸の様な白砂の薬師岳山頂である。

 

 

P1040089_2

 

 

今日の宿は山頂から5分下った所にある薬師岳小屋。

 

 

P1040109_2

 

 

昨日は天気が悪く山頂から何も見えなかったが今朝は雲が晴れ北岳、これから先の稜線がきれいに見えた。

 

 

P1040122_2

 

 

P1040132_2

 

 

観音岳から地蔵岳に向かう道にクロユリが咲いていた。今回の登山中この一株だけ。

 

 

P1040138_2

 

 

地蔵岳のオベリスク。やっと会えた。ここも人が全然いないのでオベリスクを見ながらゆっくり休憩。その後鳳凰小屋を経由して御座石鉱泉まで下る。この日は三山を歩いた後の1700m下山。山頂以外は展望が無いため特に長く感じた。

 

 

P1040146_4

2015年7月 5日 (日)

阿弥陀岳  (2015/06/16)

久しぶりに夫と山に行こう、といろいろコースを考えたがアクセスの良い八ヶ岳(阿弥陀~赤岳~横岳~硫黄岳)の縦走に決めた。美濃戸の赤岳山荘から南沢を行者小屋に向かう。お天気が悪く平日なのですれ違う人もほとんどいない。鹿ものびのび食事中。

 

 

Dsc07382

 

 

行者小屋に着いた所で小雨が降りだした。昨年も雨で登れなかった阿弥陀岳、ここまで来たら絶対に登らなくてはと先を急ぐが稜線からは急登を25分。なんとか山頂へ。

 

 

Dsc07383

 

 

Dsc07391

 

 

そうそうに下山を始めるが雨が大粒になりひょうが降ってきた。それでもなんとか中岳を超え赤岳手前の文三郎尾根の分岐まで来たが断念して下山することにした。振り返ると越えて来た阿弥陀と中岳が綺麗に見えちょっと残念。

 

 

Dsc07407

 

 

Dsc07410

 

 

登山は残念だったがこの時期の黄花しゃくなげやイワカガミ、シオガマが咲いていてとてもきれいだった。

 

 

Dsc07399

 

 

Dsc07381

 

 

Dsc07403













 

 








« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »