無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

湯川の氷柱  2016/01/23

シエラガイドツアーで湯川へアイスクライミングに行ってきた。アイスクライミングは一度したことがあるが上手に登れなかったのでちゃんと教えてもらうためツアーに参加してみた。朝集合が早いため前日に韮崎に泊まり7時に長坂集合。ガイドさんは先日八ヶ岳をお願いした方でお客さんは3人。みんなガイドさんと顔なじみなので楽しいツアーになった。駐車場から30分くらい歩いて氷柱にたどり着く。土曜日なのですでにたくさんの人。

 

P1060463

 

 

込み合っているから最初から長い所に行きましょう、とのことでこんな高さのある氷になってしまった。ガイドさんがロープを掛けに行きます。

 

P1060470

 

P1060510

 

 

私も3回チャレンジしたけど最後の垂直はどうしても登れなかった。

 

P1060538

 

場所を変えて2本。こちらはとっかかりもあり楽しく登れた。

 

P1060593

 

P1060582


一回ずつガイドさんが登り方、直した方がいい事、こつを教えてくれるので何となく上手くなった様な気がする。ガイドさんがロープで上手に上げてくれたからなのだけど。来年は滝のツアーに行って行ってみたい。













赤岳主稜  2016/01/13

昨夜の赤岳鉱泉宿泊者は15人。昨年の三連休は280人だったから驚くほどの差だ。部屋も広々と使え快適!朝はお弁当にしてもらい6時に小屋出発。気温は-13°今日から寒気が降りてくるということで寒くなるのではと怖かったが穏やかな一日だった。行者小屋で装備を整え文三郎道を登る。途中トラバースしその先のチョックストーンから主稜が始まる。

 

P1060286

 

 

チョックストーンから岩を登り雪原を歩きまた岩へを繰り返し登って行く。ガイドさんの姿が見えない遥か彼方から「登ってきてくださーい」という声を合図に確保ロープを解き支点のカラビナとスリングを回収しながら急な岩場を一人で登る。写真を撮る余裕は無い。思ったより寒く無く風が無かった為なんとか登り切れた。地蔵道に合流するとすぐに赤岳山頂。

 

P1060290


山頂からはすごい青空のもと360°の展望。こんなにお天気の良い八ヶ岳は初めて。

 

P1060291





 

 

阿弥陀北陵 2016/01/12

ガイドさんに八ヶ岳のバリエーションをお願いしていたら「前泊したら二つ行けますよ」と提案してくれたので体力も技術も心配だったけどその行程で行くことにした。前日夕方茅野で待ち合わせて美濃戸口のyatsugatakeJ&Nへ。昨年の11月に出来たばかりの新しい宿でとてもきれいでごはんも美味しい。カプセルホテル?のように一人個室なのでとても快適。この日は三連休最終日ということもあり貸切だった。今年は雪が少ないので美濃戸まで車で行くことになり朝弁を食べ7時に出発。

美濃戸からは南沢を歩く。途中までは雪がほとんど無く夏道状態。

 

P1060261

 

 

行者小屋から本当は沢伝いに登るらしいが雪が少ない為夏道を登る。冬道との合流点JPからの赤岳。

 

P1060266

 

 

JPから雪の急坂を上った所が北陵の取り付き。この最初の岩にちょっと手こずる。

 

P1060273

 

 

マルチピッチで登るのも初めてでガイドさんの姿が見えない中岩を登って行くのはなかなか大変だった。2Pの終わりに短いナイフリッジがありそれを超えるとなだらかになり山頂少し手前で登山道と合流する。

 

P1060275

 

 

山頂ももちろん貸切。この日は雲は多かったが暖かく風も無く楽しく登れた。

 

P1060279







 

 




2016年1月11日 (月)

谷川岳  2016/01/04

今年の初登山は来週の八ケ岳になる予定だったがその為に用意した新しい靴の履き慣らしをすることになり雪山登山の計画をたてた。この冬は雪が少なく行こうと思った山は積雪が無く谷川岳なら大丈夫ではということになった。

高速を降りてロープウェイ乗り場に向かう道にもほとんど雪は無く1月の水上とは思えない景色だった。この日は春の様な気温で熊穴沢避難小屋に着くまでに汗だらだらだった。ザンゲ岩のあたりから少し冷たい風が吹いてきたが寒いと感じることも無く快適に登ることが出来た。

 

P1060185

 

 

二年前の十二月の初旬に来た時は膝以上の雪でなかなか進めず途中撤退した。それに比べると一月でのこの雪の少なさはびっくりである。

 

P1060200

 

P1060211

 

 

暖かかった為ガイドさんに教えてもらった厳冬用のウェアや手袋の練習にはならなかったが青空の登山は楽しかった。

 

P1060247










2016年1月 3日 (日)

天狗岳  2015/12/20

20、21で金峰山に行く予定だったが21日の天気が悪そうなので20日に日帰りで天狗岳に行くことにした。19日は夕方まで用事があった為6時頃家を出て韮崎に一泊し次の朝5時出発で登山口に向かった。

今年は雪が少ないと聞いていたが本当に少ない。樹林帯も岩がごろごろで雪の中歩くよりも疲れる。

 

P1060055

 

 

黒百合ヒュッテでアイゼンを着け中山峠から東天狗に向かう。ここも雪が少なく岩と雪のミックス状態。さすがに日曜日人が多い。

 

P1060060


P1060067

 

 

東天狗も西天狗も冬山とは思えない雪の少なさ。以前来た時と景色が違いすぎて戸惑ってしまった。お天気は良かったので南八ヶ岳がきれいに見えた。

 

P1060077


P1060091







 

大塚山から日の出山  2015/12/14

山友に誘われ大塚山から日の出山に行ってきた。古里の駅に着いた時は小雨が降り山は真っ白で帰ろうか迷ったが雨が止むという天気予報を信じ歩き出した。舗装路を少し歩き登山口から林道を登って行く。そうそうに雨は止んでくれたが気温が高く湿気がすごいので汗だくの登りとなった。

 

P1060024

 

 

大塚山までは2時間ほどひたすら登る。山頂は開けていてテーブルやベンチがたくさんありお天気の良い休日はとても賑わうそうだ。この日は貸切状態で早めのランチ。

 

P1060025

 

 

この後御岳山はスルーして日の出山に向かう。ケーブルカー乗り場の少し先で日の出山が見えた。

 

P1060030

 

 

日の出山の山頂も開けている。ケーブルカーで来て少し足を延ばす人も多いらしい。ここでもお茶を飲みながらゆっくり休憩。

 

P1060034

 

 

下山は三ツ沢のつるつる温泉へ。ここの温泉は一度来てみたかった所。お風呂も広くきれいで食堂も二つあり椅子席は景色も楽しめる。五日市駅までのバスは定期バスで建物の前から乗れこんなにかわいい。

 

P1060045


P1060046












« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »