無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月22日 (火)

石尊稜中止  2016/03/14~15

西穂高岳の予定だったがお天気があまり良くないとのことでガイドさんに場所をかえてもらい八ヶ岳の石尊稜を登ることにした。一日目は赤岳鉱泉まで。先週降った雪で今年初めて美濃戸口から雪道を歩く。この日も小さな雪が降っていた。

朝雪は止んでいたが少し積もった感じで心配しながらも出発。平日はすいているのが嬉しいのだけれど雪が降ると辛い。取り付きまで後100mくらいの所で雪の深さに中止となった。この日は赤岳を目指した人達も途中撤退したそう。

 

P1070439

 

P1070440

 

 

まだ時間が早かったので鉱泉でアイスクライミングを教えてもらうことにした。今年はもうアイスは出来ないと思っていたので良かった。アイスキャンディ貸切だったし。写真はガイドさん。

 

P1070445





2016年3月 7日 (月)

大同心稜から横岳  2016/02/27~28

山友達に紹介してもらった川崎ガイドのツアーで大同心稜から横岳に行ってきた。1月よりは雪が多くなったとはいえ美濃戸口から赤岳山荘まではほとんど雪は無い。北沢に入っても春の様な道を鉱泉まで歩く。この土日はアイスキャンディーカップの為赤岳鉱泉は280人という混みだった。

 

P1070386

 

 

お昼を鉱泉ですませ明日の練習の為裏同心ルンゼへ。一番下の氷を登る。

 

P1070388

 

 

2日目朝食を済ませ出発。大同心稜の取り付きまで急な道を登る。昨晩雪が降ったので真っ黒だった大同心、小同心が綺麗な白になっていた。

 

011


朝日が当たった赤岳、阿弥陀。

P1070403

 

大同心稜の下部のあたりから小同心クラックを登っている人たちが見えた。遠くから見ていると大きさや高さの見当がつかないがここで見るとガイドさんに教えてもらったことがなんとなくわかった。いつか登ってみたいな。

P1070407

 

 

急な岩場を何回か越え大同心の裏側へ。

 

013

 

026

 

 

稜線は風がかなり強かったので硫黄岳経由で鉱泉に戻り下山。















蓼科山  2016/01/26

お天気が良いのでどこか雪山へ行こうと夫が言うのだが今年は雪が少なく近くの山は真っ黒なのでしかたなく蓼科山まで足を延ばした。蓼科山は夏に一度七合目登山口から登っている。その時は登り始めから雨でずーっと真っ白で景色は何も見えなかった。この日はお天気だったので景色を楽しみに出かけた。

今回は女神茶屋から山頂を目指す。雪が少ないせいか下の方は笹が随分出ていてとても歩きにくかった。気温が高く樹林帯は汗だくになった。

 

P1060665

 

 

山頂付近は風があり気温も低かったが雲一つない天気で360°景色を楽しめた。

 

P1060670


P1060678


P1060682

P1060703




« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »