無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

谷川朝日岳~白毛門  2016/07/18~19

二年前に天神平から大源太山というコースをまいたびで申し込みお天気が悪く蓬ヒュッテから土樽に下山した谷川馬蹄形の後半蓬ヒュッテから白毛門から土合のコースに行って来た。

一日目は蓬新道を蓬ヒュッテまで。高速を降りて林道に入ると道路工事の為バスが進めず越後中里からタクシーに分乗して蓬新道入り口へ。沢沿いの道をゆっくりヒュッテまで。途中水場で明日の水を確保。

蓬ヒュッテは建て替えたと聞いていたので期待していたが小屋の広さも変わらずトイレが携帯トイレに変わり食事がすべてレトルトになり以前よりひどい。もう二度と泊まりたくない。

二日目ヒュッテから七ッ小屋山を経由して清水峠まで笹の茂ったどろどろの道を進む。

Img_1298


途中前回登れなかった大源太山が綺麗に見えた。いつか登ってみたい山である。

Img_1304

 

見晴らしのいい縦走路をジャンクションピーク、朝日岳と登って行く。

Img_1310

 

朝日岳で今日の行程の半分くらいだがもうすでに疲れていた。この先の笠ヶ岳は見える一番高い山でなく右奥の低いピークで白毛門はまだ見えない。

Img_1317

 

笠ヶ岳から一ノ倉沢が綺麗に見えた。

Img_1323

 

笠ヶ岳から見た白毛門。遠い。白毛門からの下りはきついよ、と聞いていたが急坂の下りが下山口近くまで続き下りても下りてもなかなか着かず久々に苦しい山行になった。人数が多いので時間がかかり休憩を入れて11時間半の長い行動時間となった。

Img_1324







 




早池峰山と秋田駒ケ岳  2016/07/08~10

まいたびのツアーで早池峰山と秋田駒ケ岳へ行って来た。一年ぶりの夜行バス。今回はバスが小さく狭い、やっぱり眠れない。

岳でシャトルバスに乗り換え小田越へ。本当は河原坊から小田越の縦走の予定だったが5月に崩れて通行止めの為小田越からの往復となった。土曜日ということもありバスも二台出て登山口は人でいっぱい。しかもすでに雨が降り出し真っ白。

Dsc09065

 

樹林帯をぬけると急な岩場になる。大粒の雨の中ハヤチネウスユキソウが咲いていた。ここはこの花が有名なのでもっとたくさんあるのかと思っていたが意外と質素で少しがっかり。

Dsc09076

 

岩場の中に二段のハシゴがありここが強風で怖かった。

Dsc09079

 

山頂手前は木道の湿原の様な(とにかく真っ白で何も見えない)感じ。お天気が良ければ花を楽しみながらの楽しい登山になったはず。山頂で写真を撮りさっさと下山。

Dsc09090

 

明日の登山に備え田沢湖高原へ移動。途中田沢湖に寄るがたつこ姫が金色になっていてビックリ。25年以上前に来た時は普通の像だったような記憶が。韓国ドラマのロケ地になったそうで韓国人いっぱいいました。

二日目の朝宿から八合目までバスに乗ります。朝はなんとかお天気が持ってくれそうだったのですがやはり登山口に着いてからは小雨が降り出しこの日も一日雨になりました。

八合目から片倉岳、男女岳、横岳、焼岳とくるっと周り下山しました。花の百名山ということで雨にも関わらず大勢の人が登ってましたがびちょびちょ真っ白で何にも楽しめませんでした。オノエランがかわいく咲いていたのが救いでした。

Dsc09100


Dsc09113


Dsc09114










2016年7月17日 (日)

飯士山  2016/07/02~03

二年前ストック・カンリ登山で知り合った仲間との久しぶりの登山&温泉の旅に出かけた。新幹線で東京組が越後湯沢の駅で車で来ていた一人と合流し6人で登山口へ出発。

飯士山は駅から近く尖ったかっこいい山なのだがあまり知られていないためか情報が少なく登山口を探すのに随分手間取ってしまった。この日は気温が高く湿度も高かった為すでに汗びっしょり。

やっと登山口を見つけ登りだすも急登が続き両側が切れている所も多く少し危険な山である。

 

P1080424

P1080427


岩場も少しありました。

P1080443


山頂と岩原スキー場の分岐にザックをデポして山頂をピストン。薄曇りだったけど360°景色が見えるが誰も山の名前がわからず少し残念。

B28306c33510d7b7f91696a82f193583


下山は岩原スキー場へ。振り返ると歩いて来た稜線が見える。あんなにギザギザなんだもの大変だったはずだ。

P1080453

今夜の宿はいなもと。ネットで探したのだが部屋も綺麗お風呂もいいご飯も美味しい料金も安いと大満足の宿だった。夜はこの夏の予定来、年こそはみんなでチンボラッソに!話の尽きない楽しい旅だった。

P1080458


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »