無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月26日 (水)

西穂高岳から槍ケ岳縦走      2

 7/19  今日は朝から青空。今日も長い一日になる。小屋から涸沢に下りるザイテングラードはこんなに雪が残っていた。

Img_6633

 涸沢岳からは昨日見えなかったジャンダルムの姿が綺麗に見えこれから行く槍までのルートが果てしなく遠くに見える。

Img_6654

Dscn3325


 ここから北穂高岳までが大キレットよりきつかった。

Dscn3323


 今年は雪が多く残り北穂高岳の最後の登りもこんなに残っていた。

Img_6662

 北穂からのジャンダルムと大キレット

Img_6665

Img_6674

 大キレットは岩が脆く落石に気を遣いながら進んで行く。今日は景色も十分に楽しんだ。

Dscn3352

 南岳小屋に着いたのはお昼だったがすごく疲れてここで終わりでもいいかなと思ったがガイドさんの槍まで行きますよ!の一声で立ち上がり出発。でもここからが本当に大変だった。南岳からは綺麗な縦走路と思っていたらとんでもないアップダウン。中岳の登りは垂直のハシゴとクサリの急登、二日続けて10時間以上歩いてる体にはきつかった。なんとか槍ケ岳山荘に着き生ビールで乾杯!

 7/20  槍ヶ岳山荘から新穂高まで下山。2000m近くもただひたすら下る。西鎌尾根を千丈乗越まで、そこから槍平小屋、白出沢出会、新穂高へ。この日も最高の天気で景色と花を楽しみながら下る。やっと夢だったコースを縦走出来て大満足の4日間だった。

Img_6705

Dscn3421

Img_6722

Dscn3434




























西穂高岳から槍ケ岳縦走  (2017/07/17~20)  1

  昨年二度も天気の為中止になった西穂~奥穂。今年はさらに槍までの縦走に行くことにした。今年の日程は梅雨が明けるかどうか際どかったが梅雨明け前にも関わらずお天気予報!はて体力がもつかどうか心配しながらの出発となった。

 7/17  10:45にガイドさんと松本駅で待ち合わせ。車で新穂高駐車場に移動しロープウェイで西穂口へ。1時間半歩いて西穂山荘到着。湿気と虫に悩まされる。

 7/18  前日夕飯時に山荘主の天気予報で朝は雨とガスが残るが7時くらいから晴れて来て気温が上がるので昼からはカミナリに注意、というのを信じ3時起床4時出発。時折降る雨と強い風を我慢しながらとにかく西穂山頂まで晴れることを信じて登る。山頂に着いても晴れる気配はなかったがもう少ししたら・・と思い核心に入って行った。

 いつまで経っても天気は回復せず濡れた岩に気を付けながら真っ白な中寒さに震えながら登って行く。なので写真は少ない。白かったから高度感感じず進んで行けたのかもしれないけど少し残念。でも奥穂の山頂まで誰にも会わず憧れのジャンダルムの天使も独り占めだった。

Dscn3259

 ジャンダルムの天使と

Img_6612

 馬の背

Dscn3290

 奥穂高岳

Dscn3293

天狗岳  (2017/07/11)

 来週からの夏山に備えどこかに登っておかなくては、と思ってはみたもののなかなか日にちが取れず天狗岳日帰りにした。今まで歩いていないコースをという事で桜平からオーレン小屋~夏沢峠~根石岳~東天狗岳、帰りは夏沢峠を通らずオーレン小屋経由で下山。

 夏沢峠から硫黄岳が見える。次はこのコースで硫黄岳に行ってみたい。

P7110189


 根石岳山荘からの根石岳、天狗岳。

P7110203


 山頂。この日は梅雨の晴れ間最高のお天気。

P7110221_2

P7110228

P7110234

 天気には恵まれたが夏沢鉱泉くらいから桜平までアブが凄い!払っても逃げても追いかけられ車に入れないようにするのが大変だった。

 

 

知床~釧路  (2017/17~19)

 旅友に誘われ北海道を旅してきた。彼女とはシルクロードの旅(カシュガル~ウルムチ)で出会いその後西安~敦煌、京都などに一緒に行った。しかし私が海外は山旅しか行かなくなり年に3回くらい旅の写真を見せ合うだけになっていた。昨年末会った時この旅のお誘いを受け夏の北海道に行ったことの無かった私は行き先が知床という事もあり即行く~、と返事をしたのだった。

 行動力のある彼女がほとんど計画をたててくれ2月に早割75で飛行機も抑えいざ出発となった。

 6/17 7:10羽田発8:55女満別着 女満別~ウトロまではバスで約2時間。ホテルに荷物を預けランチをし遊覧船に乗る。遊覧船は知床半島の海岸線の近くを行くクルーザーで出発。この日は午前中霧ですべて欠航だったので心配したがランチの間に霧も晴れラッキー。クルーザーからは歩いて行けない岸沿いの奇岩や数々の滝、ヒグマも見ることが出来た。

Img_6166

P1000085


 この日の宿は北こぶし。食事は美味しいし温泉も良く大満足。

 6/18 今日は朝からとてもいい天気。

Img_6202


 知床五湖はいろいろコースがあるのだが私たちはもちろん一番長い3時間コース。この時期ヒグマの活動期なので木道以外を長く歩くこのコースはガイドさんを付けなくてはならない。お願いしたガイドさんがホテルまで迎えに来てくれ向かう途中もヒグマが出没。怖い。

Img_6208


 歩く前にレクチャーを受け出発。観光に行ってガイドさんを頼むということをしたことが無かったが詳しい説明を聞けて良かった。

Img_6212

Img_6256

Img_6273


 ガイドさんにウトロのバス停まで送ってもらい斜里までバス50分、そこからJRで茅沼まで焼く2時間。駅にロッジの人が迎えに来てくれる。電車から斜里岳が見えた。

Img_6285

 6/19  ロッジでお茶だけ飲み4時に早朝カヌーに向けて出発。塘路湖を横断して支流のアレキナイ川を下り釧路川に合流して細岡カヌーポートへという2時間のコース。鳥の鳴き声の中静かにカヌーが進んで行き両岸には鹿やミンク(これは外来種)が顔を出す。人工物の(線路が少しだけ見える)無い自然だけの世界、日本にもこんな所があるんだなと思った。

Img_6305

Img_6332

P1000249

Img_6348

 ロッジに戻り冷えた体を温泉で温めてから朝ご飯。ロッジにはリスやキツツキが遊びに来ていた。

Img_6354

Img_6366

 ロッジに9時に釧路のガイドさんに迎えに来てもらい釧路湿原の観光へ。夕方の飛行機の時間まで歩いてしか行けないキラコタン岬、数々の展望台、温根内木道、望遠鏡での丹頂観察、昼には市内の和商市場を往復など一日たっぷり楽しんだ。ここでもキラコタン岬5キロの往復などヒグマの生息地を歩くのでガイドさんを頼んでよかった。初めての夏の北海道はとっても楽しい旅になった。

Img_6418

P1000297






 



















2017年7月24日 (月)

槍ケ岳  (2017/05/30~06/02)

 春に海外登山に行くと日本の残雪期の山に行く時間が無くなる。今年はもう一回くらい登りたいと思い槍ケ岳のツアーに申し込んだ。

 一日目松本集合、上高地から槍沢ロッジまで。この日は上高地で27度という夏より暑いくらいの気温、その中を横尾まで休憩無し、休憩時間込で4時間かからないすごいスピードで歩かれてしまった。

Img_5884

 二日目槍ケ岳山荘まで。槍沢ロッジを出発し赤沢岩小屋の間くらいから残雪。今年は雪が多くここからずっと小屋まで雪渓を登ることになる。今日も休憩時間は少なく景色を楽しむことも無くただ山頂を目指す。

Img_5899

Img_5902

 10時半前に山荘に着いてしまい早い昼食をとってから山頂へ。天気が良く360度の景色を楽しめた。

Img_5912

Img_5913

 三日目昨夕からかみなりと雹と雨だったが朝は雪がうっすらと積もっていた。出発時間を遅らせ真っ白の中下山、この日は徳澤ロッジまで。建て替えられたばかりなのでとても綺麗で食事もおいしかった。













« 2017年6月 | トップページ